San Francisco
<< 16日目 | TOP | 15日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
命がけの愛
先月Cさんと一緒に、
アン・リーの最新作ー『ブロークバック・マウンテン』の試写会に行き、
久しぶりにいい映画を観ました。

60年代、ブロークバック・マウンテンで出逢い、惹かれ合うふたり(男性)の愛の物語。

20年間、
ふたりは家庭がありながらも密かに愛し続けて行く。。。

アン・リーは
淡々と、繊細に優しく、
しかも深く描いてくれました拍手

主演のヒース・レッジャーとジェイク・ギレンホールは迫真の演技で
観客の心を掴んで行く悲しい

情熱 苦悩
覚悟 永遠

彼らの愛は
避けられない
止められない
説明できない

彼らの愛は
命がけの

14:42 | 映画 | comments(2) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
14:42 | - | - | -
コメント
お誘いした甲斐がありました。
ふたりとも、20代とは思えない感じでしたね、後半。
まあ、20代からスタートした20年ほどの愛の物語なので、だんだん年をとっていくのを表現しないといけないけど。

アン・リーは淡々としながらディープな愛の形をうまく描くよねえ。

2005/12/20 12:19 AM by choki
コメント
本当にいい映画でしたね。
泣いた泣いた。。。

chokiさん
ありがとーー
2005/12/22 10:58 PM by jing
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://flyingkite.jugem.cc/trackback/229
トラックバック
2006/01/19 2:35 AM
すでにYahoo!ニュースとかでも流れていますが、アン・リー監督(「ウェディング・バンケット」や「ハルク」を手がけた、台湾出身のゲイ監督)の映画「ブロクバック・マウンテン」が、ゴールデン・グローブ賞で最多4部門(最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最
QM
トラックバック
2006/02/02 12:41 AM
ブログでもたびたび取り上げられてきた、『BrokebackMountain/ブロークバック・マウンテン』。昨日今年度のアカデミー賞の候補作品が発表されましたね。【1】Advocateの記事(アメリカのゲイ&レズビアンのニュースマガジン)    ・『ブロークバック・マ
QM