San Francisco
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
之二十四  完
ふるさとは遠きにありて思ふもの

そして悲しくうたふもの

よしや

うらぶれて異土の乞食となるとても

帰るところにあるまじや 


続きを読む >>
00:00 | 留学日記(1993年〜2001年) | - | -
之二十三 論文
やり遂げんだから、もう言うことなし!


続きを読む >>
00:00 | 留学日記(1993年〜2001年) | comments(0) | trackbacks(0)
之二十二 変化
今年のW市も、もう二度と見られやしないよ。でもW市であることには変わりがない。おまえが変わっていくように、この街も変わっていくもんなんだ。


続きを読む >>
00:28 | 留学日記(1993年〜2001年) | comments(0) | trackbacks(0)
之二十一 再会
こんなにたくさんのことを経験しても、人は変わらないでいられるのでしょうか。


続きを読む >>
00:00 | 留学日記(1993年〜2001年) | comments(0) | trackbacks(0)
之二十 帰郷
何だか私自身、凧みたいだという気もします。どんなに高く遠い所へ行っても、糸の端っこはいつも故郷に結びついているようで…。人はいつになっても故郷を忘れないものですね。


続きを読む >>
00:00 | 留学日記(1993年〜2001年) | comments(0) | trackbacks(0)
之十九 子どもたち
その日は、忘れられない一日になりました。


続きを読む >>
00:01 | 留学日記(1993年〜2001年) | comments(0) | trackbacks(0)
之十八 別離
誰でも、たまには一人で静かにぼんやりしていたい時があるものです。


続きを読む >>
00:00 | 留学日記(1993年〜2001年) | comments(0) | trackbacks(0)
之十七  山口生活
 楽しい時はすぐに過ぎ去ってしまうもの...


続きを読む >>
00:00 | 留学日記(1993年〜2001年) | comments(0) | trackbacks(0)
之十六 友情
二人の友情は、きれいだけど溶けてしまいやすい、雪のようなものでした。


続きを読む >>
00:00 | 留学日記(1993年〜2001年) | comments(0) | trackbacks(0)
之十五  萍
 誰でも少しは、人に知られたくないことがあるものです...


続きを読む >>
00:00 | 留学日記(1993年〜2001年) | comments(0) | trackbacks(0)